アットスカイカタログ
17/790

立体図平面図コントローラ畝(うね)畝(うね)畝(うね)32m36m■ ■ ■ABILヒーターユニットビニルハウス内部畝畝畝スポット6m別工事 空中用 32mに4本×3畝    32m(1畝左右2本)で24本❶電力使用量の計算式 ヒーター線の使用本数33本の場合① 温度48℃ 保つにはヒーター線の長さは10mとする② 1畝32m用にヒーター線8本(スポット7本)セット  10m−(7×0.3m)=7.9m×8本(セット後ライン長さ)③ 3畝では24本のヒーター線が必要になります④ ハウス周りにもヒーター線を9本セットする⑤ ヒーター1本当り 48V×1.1A=53W  ・1畝約 53W×8本=424W(10m使用時の電力容量)  ・1棟(1ヶ月分) 53W×33本×24時間×30日=1,259,280W  ・単位Kwで表示すると =1,259Kw❷電力使用料金の計算式 一般家庭30A契約を基準とする(一例)1kW=約22円 1,259kW×22円=27,698円(電力メーカーにより異なります)① 電力使用料金は約27,698円/月となります。② 現状の電気代+重油燃焼では12〜13万円/月とのことです。  ○ボイラー等使わず、ニクロム線(電熱線)のみは6〜7万円   27,698円÷120,000円=23%③ 約23%の燃料経費で済むことになります。④ 燃料費は約77%削減が可能になります。⑤ 周囲の環境により温度の高低をコントローラーで調整する  ことでより少ない電力となり得ます。180m2(60坪)のビニールハウスを基準とするA■ ■ ■BILヒーターの使用電力量

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る