アットスカイカタログ
765/790

附  *1 リール巻取式・カーテン式仕様などの常に一定の場所でくりかえし曲げられるものは、この数値を適用できません。*2 トリプレックス形など単心より合せ形を含む。(Dは包絡円径とする)D:ケーブル外径録ドラムを転がすことは極力さけ運搬車を使用して下さい。やむを得ず転がす場合は必ず巻き取り方向(ケーブル巻き終りが転がす逆方向に向くよう)へ転がして下さい。巻き取った逆方向へ転がすと電線がゆるんでしまいます。塩化ビニル樹脂は低温ではもろく割れやすくなります。一般に電線・ケーブルに過激な衝撃を与えたり、床の上にたたきつけるようなことは、さしひかえなければなりません。とくに寒冷地でビニル被覆電線・ケーブルを取り扱うときは注意して下さい。ポリエチレン、架橋ポリエチレンは、紫外線によって劣化が急速に進み、被覆に亀裂が発生することがあります。黒色以外のポリエチレンや架橋ポリエチレン被覆の電線・ケーブルが屋外やけい光灯下にさらされる場合には、耐紫外線性のチューブまたはテープなどで保護する必要があります。 許容張力延線時にはコロなどを使用し、電線に無理な張力を加えないようにして下さい。延線工事の際の最大許容張力(T)は次の通りです。①プーリングアイ付 銅 導 体   T(N)=68.6×(線心数)×(導体断面積mm2) [T(kgf)=7×(線心数)×(導体断面積mm2)] アルミ導体   T(N)=39.2×(線心数)×(導体断面積mm2) [T(kgf)=4×(線心数)×(導体断面積mm2)]②ワイヤネット付 T(N)=9.8xシース断面積mm2 [T(kgf)=1.0×シース断面積mm2] ただし、上記の導体の許容張力を超えない範囲とする。 ワイヤネットを使用する場合は、約500mm以上かぶせその端をバインドし、シースに均一に力がかかるように注意して下さい。ケーブル延線時には、下記に示す許容側圧を超えないようにして下さい。許容側圧を超えると、シースが損傷する可能性があります。延線に際しては小石、突起、コンクリート枠板その他の障害物は完全に取り除いて下さい。また工事現場では、異物落下衝撃、足場板、荷造木枠の釘による外傷などが発生しやすいため十分注意して下さい。ゴム、プラスチック電線ケーブルは、紙、鉛被ケーブルなどに比べ、可とう性はありますが、極度に屈曲しますと電気的性能を低下させます。布設に際しましては下記の値以下には曲げないよう注意して下さい。許容曲げ半径電線・ケーブルの種類遮へいなし遮へいありMPケーブル鉛被・鉄線がい装平滑アルミ波付アルミアルミソリッド移動用*1ケーブルの種類単心および一括シース形トリプレックス形非分割導体8D10D10D10D20D15D―6D許容側圧 N/m(kgf/m)2940(300)2450(250)単 心分割導体多心*212D12D12D12D20D15D――6D8D8D10D20D15D10D4D備 考含(帯がい装ケーブル) (波付鋼管がい装ケーブル)遮へいなし低圧キャブタイヤケーブルF012附 録ゴム・プラスチック電線およびケーブルの取り扱いと布設上の注意ゴム、プラスチック電線およびケーブルの誤った取り扱い、または工事の不備による事故を防止するため、次にあげる事項を特に注意して下さい。 運搬 ビニル被覆の取り扱い ポリエチレン被覆の取り扱い 許容側圧 延線ルートの安全確認 許容曲げ半径

元のページ  ../index.html#765

このブックを見る