アットスカイカタログ
779/790

附  録CSA規格の形態Standard making organizationAnother mechanismStandard marking of Canada規格作成機関他機構CGACGSBULCEEMACカナダの規格作成カナダ国家規格/Canadian national standardCSAとc-ULの比較①安全適応規格は、同じです。②試験・認証・審査登録が違います。 CSA-CSA-JQA/c-UL-UL-㈱UL JAPAN③②によって認証マーク及び表面表示が異なります。(各シリーズ表面表示参照)連邦政府/Federal governmentSCCカナダ規格審議会規格作成機関CSAカナダ規格協会認証機関/Certifying bod試験機関/Testing body規格作成/Standard markingCSAマーク/CSA marking日本の機関/Organization in JapanJQACSA規格/CSA standardCanada standard councilStandard making organizationCanadian Standards Association:規格作成機関の評価/Evaluation of standard making organization認証機関/Certifying body試験機関/Testing bodyc-ULマーク/c-UL marking日本の機関/Organization in Japan表  示CSAマークc-ULマークPlace of examination of insurerof the United StatesUL米国保険業者試験所㈱UL JAPAN登  録適応規格CSA規格CSA規格CSAULF026附 録各種規格 UL(Underwriters Laboratories Inc.) ULは危険性のある電気器具等から身体、生命や財産を保護するために非営利機関として1894年に設立されました。現在では、防災機器や電気製品、部品、材料等のさまざまな分野の製品に対して研究、検査、試験が行われ、規格の発行、製品の認定がされています。 アメリカ中央政府では、電気製品の安全規制が制定されておらず、その安全規制を制定する権限は各州政府に与えられています。しかし、ほとんどの各州政府または州内の各自治体ではULが認められ、その州政府、自治体において製品の安全性を証明する際にはULのサービスが利用されています。よって電気製品のUL認定は、アメリカに対する輸出の必須条項といえます。 cUL cULとは、ULがカナダ向け製品に対して試験・認証・品質審査登録の業務を行うことをいいます。ULは、カナダ規格審議会(SCC)から認証機関(CO)及び試験機関(TO)として認証を受けています。また現在では、全州、全準州から公認されています。 カナダ向けのcULマークとしては、次の2つがあります。アメリカにおいてリスティングマークの対象製品(フレキシブルコード)の場合、カナダ向けもリスティングマークとなり、アメリカにおいてレコグニッションマークの対象製品(AWM)の場合、カナダ向けもレコグニッションマークとなります。カナダ向けcULもアメリカ向けの従来のULマークもともにULのマークです。cULマークはCSA規格に従って試験を行い、適合している製品に付けられるもので、従来のULマークはUL 規格に従って試験を行い、適合している製品に付けられます。 CSAマークとの違いは認証機関がCSAかULという違いで、どちらもCSA規格に従って試験が行われます。 CSA(Canadian Standards Association) CSAは1919年に政府と産業界の協力により、非営利機関として設立されました。 ULの場合と同様で、カナダに対する製品の輸出の必須条件としてCSA規格への適合が必要です。 UL規格とCSA規格は、対象製品によっては同じ部分も有りますが、相異点も多くあります。これは CSA規格が政府機関の意見が多く反映されることに対して、UL規格は産業界の意見が多く反映されている等の性格の違いによるものと考えられます。 しかし、近年UL、CSAの両者は交流が多くなり、規格をできるだけ調和させようという気運が見られるようです。

元のページ  ../index.html#779

このブックを見る