アットスカイカタログ
788/790

対対数電磁遮へい附  録サタ最高許容温度信号用ケーブル自己支持形(SS)支持線シース遮へい遮へい係数集合集合より焼鈍伸線静電結合静電遮へい絶縁体絶縁電線層心径制御用ケーブル線心線心識別素線素線径素線数粗巻き耐電圧耐寒耐油短時間許容電流短絡時許容電流電線縦添え用 語(1)電線等で材料面から許容される最高温度。(2)絶縁体等の性能を保持するのに許容し得る最高温度。信号保安制御回路用に使用するケーブル。ケーブル本体と支持線とを一本化した架空配線用ケーブルの形状の総称。〔『SS形』ともいう。〕巻付け形SSケーブルケーブル架空配線用のケーブルでケーブル本体と一体化して使用され、風圧及びケーブル本体自重等の応力を分担するもの。〔使用する材質は、鋼線又は鋼より線等。〕保護する目的で線心上又は線心より合わせ上に施した被覆。〔使用する材質はクロロプレンゴム、ビニル、ポリエチレン、鉛、アルミニウム等。〕絶縁体上、半導電層又は線心より合わせ上に導電材料で電気的遮へいを行う目的で設ける層。遮へいのない場合の誘導電圧と有る場合の誘導電圧との比。対又はカッドを必要な数だけ集め、よりを加えてケーブル心をつくること。(集合方法には、「層」と「ユニット」の区別がある。)素線をひとまとめし、より合わせること。加熱により金属の組織が再結晶して軟化すること。ダイスを用いて金属線を引き伸ばすこと。〔『線引き』ともいう。〕平衡型通信ケーブル内では、対地並びに各線心相互間部分容量の不平衡に基づく漏話があり、これの程度を表したもの。静電結合による誘電電圧を低減させるための遮へい。電圧に耐えて電流が外部に漏れるのを防ぐため、導体上に施した層。導体を絶縁体で被覆した電線で、一般的にシースを有しないものの総称。より線又は線心より合せにおいてその層に含まれる線心の中心を連ねる円の直径。600V以下の電気的制御回路に使用するケーブル。絶縁体を施した導体でケーブルを構成する要素又は半製品。結線作業を容易にするために色分けなどで線心を区別する方法。より線又は編組を構成する個々の線のこと。単線又はより線の個々の線の直径。より線の個々の本数。綿・プラスチック等の糸又はテープ等をケーブルの形状の保持又は線心の識別のために粗い間隔で巻くこと。ケーブルの絶縁体、シース(防食層)等に規定の電圧を印加し、これに耐えるかを確認する試験。被覆材料の低温時の衝撃力に対する物理的性質の変化を調べる方法。被覆材料の油に対する物理的性質の変化を調べる方法。他線路の事故時などで、一時過負荷電流を必要とする場合の限度を表す電流。系統故障時に、その系統の短絡電流が導体に流れた場合の限度を表す電流。(1)電気を導くために用いる裸線、絶縁電線、線、ケーブル、コード等の総称。(広義)(2)絶縁電線(狭義)〔形状としては、丸形や平形などがある。〕テープ、ドレンワイヤ、標識テープ等を線心の長さ方向に添える構造。線心二本をより合わせたもの。線心二本をより合わせたものを一対とした時の対の数(カッドの場合は、二対となる。)電磁結合により誘導を低減させるための遮へい。意  味8字形SSケーブル支持線ケーブルラッシング形SSケーブル支持線バインド線支持線ケーブルF035附 録

元のページ  ../index.html#788

このブックを見る